ついに見つけたミノキシジルタブレット!これでAGA対策は完璧

▶ミノキシジルの基礎知識

世界中で男性の多くが抱える悩みのひとつとして薄毛があるのではないかと思います。
男性特有の薄毛は、近年ではAGAの名称でも広く知られていますね。
まるでカッパのように頭頂部の中心から頭髪が薄くなっていくものと、額の生え際、おもに両端がちょうどアルファベットのMの字を描くように後退していくもの、あるいはその両方が同時に進行するものが症状として見られます。
原因は数多くあり、飲酒、喫煙や偏った食生活などの生活環境的な要因、遺伝的な要因、そしてストレスによるものなどが挙げられています。
薄毛治療を考えた方は、一度は聞いたことがあるであろう成分にミノキシジルがあると思います。日本では大正製薬のリアップの成分として有名ですね。
ミノキシジルは現在のファイザー社の前身であるアップジョン社により1960年代にはすでに開発されており、当時は高血圧の改善のための経口薬として用いられていました。しかし血管拡張効果からくる発毛効果が認められ、徐々に薄毛治療のための薬品として用いられ始めたのです。
薄毛治療薬としては、薄毛の患部に直接塗付するタイプのものと内服するタイプのふたつの薬品があり、それぞれにメリットやデメリットがあります。
直接塗布するタイプのものには液状のものやムース状のものがあります。日本ではリアップが有名ですが、海外ではさらに成分量の多いロゲインなどが商品化されています。
患部のみに塗布するので、全身に成分は行きわたりにくく、むくみや多毛症、心臓の動悸などの重篤な副作用があまり出にくいといったメリットがあります。しかし、塗布した部分にかゆみが出たり、ニキビができたと言った報告はあります。
さらにおもに朝晩の二回、マッサージとともに患部に使用しなければならないので手軽とは言い難いでしょう。
内服するタイプのものはいわゆるミノキシジルタブレットと言われています。
こちらは日本では認可されていなので個人輸入代行などで購入する必要があります。
タブレット状ののため、服用は簡単でさらに体の中から吸収されるために効果も高いのですが、それゆえ副作用も強く出やすく、最後の手段とも言われています。